FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

風立ちぬとタバコ

映画「風立ちぬ」の喫煙描写に対し、

医師らでつくるNPO法人「日本禁煙学会」が、

喫煙シーンが多いことや学生のもらいタバコシーンが未成年者喫煙禁止法に抵触する

などといった要望書を出した。

するとすかさず、「喫煙文化研究会」なる団体が

表現の自由に対する日本禁煙学会の『要望』は意味をなさないと訴えた。


20才から53歳まで煙草を愛し続け、

また、禁煙6か月になろうかという現在の私にとって

双方の意見はどちらも納得できる。

映画の描写に対して論評するのはいかがなものかと思うが、

体に悪いだけでなく、他人の健康にも影響を及ぼし

汚く、臭く、お金がかかる。

喫煙の良さなど皆無に等しい。



さらに、たばこ代の一部で旧国鉄の赤字を補てんしているとなると

ばかばかしいにもほどがある。

禁煙を推し進めるなら、

国や官僚がやらかしてきた悪政とともに

論評するほうがいいと思うのだが、

自民党を支持する日本医師会(禁煙学会をつくっている)に

それはできないのだろう。

所詮、自分にふりかかる唾は吐けない団体のコメントなど意味がない。

メディアは、それを書けないのだから、さらに存在感がないと感じる


| 未分類 | コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。