スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

国の赤字

「国の財務書類」によると、
負債が資産を上回る「債務超過」の金額は、
これまで最悪だった11年度からさらに17・7兆円増えて477・0兆円となった。

これに伴い

基礎年金の不足分を穴埋めするための「年金つなぎ国債」を2・6兆円発行する。

つまり

年金はすでに破たんしている!

ということがわかる。

にもかかわらず、
税金を使って
全国各地に年金事務所なる駐車場付きの箱モノを建て、
天下り職員を雇わせ
面倒な仕事はアルバイトにさせる。

どこまでもいい加減な厚労職員をなぜマスコミは叩かないのか。

日本のダメなところがここにある。

| 未分類 | コメント(0)

震災19年とサンテレビ

震災から19年。
あの日生まれた人は、もう成人を迎えようとしているのですね。
言い換えれば、
20代の人は、ほとんど震災そのものを実感していないことになります。
テレビ局の20代の人間が
この日だけのために取材なんてやっても
所詮、他人事で同情するだけなのです。
だから明日になれば、忘れていることでしょう。

地元のテレビ局は
地域密着をうたい文句に放送しているのであれば
なぜこの日一日中、震災番組をしないのか、不思議でなりません。

なぜ地元でなければとらえられない取材が
報道・制作・技術の人数分だけでも
できないのか、
やろうとしないのか
それをやれば、続ければ
存在を示せると思うのですが。

この日だけ思い出したように
あるいは、偽善的に

ぽつんと誰かを取材しましたみたいな
ほら、いい話でしょう?とか
私たち、取材はしているんですよ、みたいな
言い訳がましい放送はやめていただきたい。

まぁ、
その辺に作り手側の手ぬるさが透けて見えるわけです。

ダシのうんちくは口うるさく、偉そうだが
味はまずく、売れないラーメン屋。
こだわりもなく、手抜きの仕事に
未来はないと思います。

| 未分類 | コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。